戻る

財務書類の公表

2018年10月1日
 統一的な基準による財務書類の公表について

 現行の地方公共団体の会計は、「現金主義・単式簿記」方式を採用しており、1年間にどのような収入があり、その収入を何にいくら使ったのかを明らかにするのには優れていますが、どれだけの資産を持ち、どれだけの負債(借金)があるのかといった情報を把握することはできません。

 そこで、国は、「地方公会計の整備」として、地方公共団体が自ら保有する資産・債務の実態を把握し、情報開示を徹底することなどを目的に、「発生主義・複式簿記」方式による企業会計的手法を用いた財務書類を作成し、公表することを地方公共団体へ要請しました。

 ※ 制度の詳細については、総務省のホームページをご覧ください。

   http://www.soumu.go.jp/iken/kokaikei/index.html

 このような動きに合わせて、宇城広域連合の財政状況をより理解していただくために、企業会計的手法を取り入れた総務省が示す統一的な基準による財務書類を作成しましたので、公表します。

 

・平成29年度財務書類等

 29 財務書類の概要(PDF 約204KB)

 29-1 財務書類(PDF 約244KB)

 29-2 附属明細書(PDF 約284KB)

 29-3 目的別財務書類(PDF 約246KB)

 29-4 施設別財務書類(PDF 約306KB)

 29-5 関係市町別財務書類(PDF 約1MB)

 29-6 固定資産台帳(EXCEL 約1MB)


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇城広域連合
電話番号:0964-32-4144


戻る

カテゴリ内 他の記事